アパート経営をする際は失敗事例を確認する|成功の秘訣を探る

空室に困らないために

コイン

管理が決める価値

人口減少社会にある日本では、賃貸需要が低下している恐れがあります。賃貸需要の低下は、空室に頭を悩ませる収益物件の増加を意味しています。収益物件を保有している方の中には、既に空室に困っている方も少なくはないのではないでしょうか。しかし、空室にまったく困らず、安定した家賃収入を得ている方も多くいらっしゃいます。空室に困る方と空室に困らない方との間には、一体どのような差があるのでしょうか。不動産会社で働く人にとって、収益物件の価値は管理が決めることは常識です。管理がきちんとなされている収益物件は、築年数が古くとも魅力的な価値を持っています。一方、管理がきちんとなされていない収益物件は、新築であろうと価値に魅力はありません。空室に困る方と空室に困らない方との間には、管理という差があるのです。

まずは強く要請しよう

管理がきちんとされている収益物件は、入居者にとって非常に魅力的です。そのため、入居者を確保しやすく、空室に困ることはありません。今現在空室に困っている方は、賃貸管理の変更を検討しましょう。まずは、賃貸管理会社に空室の解消を強く要請することが重要です。オーナーは賃貸管理会社の顧客であるため、遠慮する必要はありません。強く空室の解消を要請した後は、半年ほど様子を見ましょう。半年経っても空室が解消しない場合には、賃貸管理会社を変更することをおすすめします。新たに賃貸管理会社を選ぶ際には、入居率と対応の早さを重視することが重要です。入居率は最低95%以上、できれば97%以上が理想的です。また、対応の早い賃貸管理会社を選ぶことで、空室期間を劇的に短くすることができます。