アパート経営をする際は失敗事例を確認する|成功の秘訣を探る

マンション管理を委託する

家

管理を委託するメリット

土地を寝かせておくと税金がかかるだけで資産価値が減ってしまいます。それを防ぐためには不動産投資で資産を増やすことです。不動産投資はリスクが小さいので人気があります。ただし入居者を募集したり、家賃滞納に手こずったり、住民の苦情に対応する必要があります。そのような時に便利なのが賃貸管理の不動産会社に委託する方法です。賃貸管理の特徴は入居者の確保や家賃の滞納やトラブルになどに対処しなくてすむ点です。それら全てを賃貸管理契約を結んだ不動産会社が行うことになっています。オーナーには煩わしい経営管理をしなくて済むというメリットがあります。賃貸管理の手数料を支払う必要がありますが、入居者募集や家賃滞納の解消などをしてくれるので安定した家賃収入を得ることができます。

サブリースという委託方法

不動産会社と賃貸管理の契約を結ぶ時に気をつけることは、具体的な管理内容について明確にしておくということです。入居者募集から建物の清掃業務まで全てを委託するのか、家賃回収だけはオーナーが自ら行うのかなどについてハッキリさせておく必要があります。またマンションの住民と管理会社との関係がうまくいく必要があるので、信頼と実績のある不動産会社と契約を結ぶことも大事です。オーナーの中には全てを委託するのではなく、常に住民のクレームなどが耳に入ってくるように家賃回収業務だけは自分で行うなどの工夫をしている人もいます。また不動産会社の中には賃貸管理の中にサブリースという一括借り上げシステムを導入しているところもあるので、どのような携帯の賃貸管理を委託するか相談することです。