ヘアメイク専門学校で習得できるもの~カリキュラムを知る~

設備の有無

メイクは教科書を読むよりも実際に体験した方が体で覚えることができるものです。そのため、学校にある設備の情報収集をしておくと卒業後も役立てることができるかもしれません。

専門学校にあると嬉しいもの

ヘアセット

女優鏡

ライトがたくさんついた鏡があると、照明の加減でメイクをするコツを覚えることができるでしょう。ライトの有無によって、見え方が違うので勉強になります。

実際の現場に近い撮影場所

実際に仕事をすると、撮影している途中でモデルにメイクをすることもあるでしょう。そういったシチュエーションにも対応している学校であれば、実際にメイクする時にもあたふたせずに済みます。

自分の技術をアピールできる本を制作できる環境

卒業後、自分のメイク技術をアピールするために証拠が必要となります。そのためにヘアメイクを施したモデルを撮影した本があるととても便利です。

専用の機器

ヘアメイクをするためのプロが使う機材が置いてあればいつでも練習をすることが可能となっています。最新の機械があれば、今後のためにもなるでしょう。

実際に現場で使えそうな椅子

実際に店を持ちたいと考えているなら、学校の椅子にも注目してみましょう。それぞれの場所に合った椅子が使われているはずです。こういった設備の有無を見比べてみると良いでしょう。

ヘアメイク専門学校で習得できるもの~カリキュラムを知る~

ヘアセット

様々なメイクができるヘアメイクアーティスト

ヴィジュアル系アーティストは独特のメイクを施して人前に出て演奏をしたり、トークをしたりします。そして、プロになれば専属メイクアーティストを雇ってメイクをしてもらうことが多くなるでしょう。そのような現場で働きたいなら、ヘアメイクの専門学校に通って資格を習得すると良いでしょう。ハリウッド映画に出てくるような特殊メイクを学ぶことも可能です。

道具

カウンセリングできるビューティーアドバイザー

エステティシャンを目指しているならビューティーアドバイザーを目指せる専門学校がいいかもしれません。ヘアメイクの基礎から習うことができるので、職場でも臨機応変な対応をすることができ、利用客に最適なお手入れ方法をあみ出すことができるでしょう。

美容室

最高の輝きを演出するウェディング学科

誰もが憧れるウエディングドレスに似合うヘアメイクが学べる学校では、ブライダルアテンダーやドレススタイリストなどを目指すこともできるので、卒業後すぐに活躍することができるでしょう。

卒業生の声

笑顔の女性

好きなバンドと仕事ができた

私はバンドが大好きで、学校卒業後は専属メイクアップアーティストになりたいと夢見ていました。今では学校で習ったことを全て活かせているので、頑張って通って本当に良かったと思っています。

海外で通用した

自分は海外で活躍したいと思って、現在はアメリカで仕事をしています。日本でも名の知れている人のメイクをすることができ、毎日充実した人生を過ごせているのも専門学校に通っていたお陰だと思っています。