アパート経営をする際は失敗事例を確認する|成功の秘訣を探る

一軒家

管理会社の役割

不動産経営を始める際、自分だけで行なうとなると手が回らないことがほとんどです。そのため賃貸管理に関して管理会社に依頼をしましょう。様々なサービスが用意されているので、安心して任せることが出来ます。

More Detail

コイン

空室に困らないために

空室に困らない収益物件とするためには、きちんと賃貸管理を行なう必要があります。きちんと賃貸管理をしている収益物件は、入居者にとって魅力的な物件です。空室に困っている方は、賃貸管理会社の変更を検討しましょう。

More Detail

成功するための注意点

物件

成功するために理解しよう

不動産投資は、安定した家賃収入を得られる投資方法です。中でもアパート経営は、安定性が際立っています。通常アパートは4戸から8戸で構成されており、1戸が空室になっても家賃収入が途絶えることはありません。区分マンションと比較すると、空室リスクを非常に抑えられるのです。そのため、初めて不動産投資を行う方は、アパート経営をおすすめします。しかし、安定性が高いはずのアパート経営であっても、失敗される方がいらっしゃいます。失敗された方の事例をよく理解することで、成功確率を高めることができます。失敗事例は主に3種類に分けることができ、1つ1つよく理解しましょう。アパート経営における3種類の失敗事例とは、立地の悪さ、資金計画の杜撰さ、管理会社の悪さです。

最寄り駅まで徒歩7分以内

アパート経営における失敗事例では、立地の悪さが最も多く見受けられます。現在の日本では、都心回帰の流れが強まっています。そのため、最寄り駅から徒歩7分以上かかる立地では、アパート経営で失敗するリスクが高まります。必ず最寄り駅から徒歩7分以内のアパートを購入し、アパート経営を行いましょう。また、杜撰な資金計画を立てる方も失敗してしまいます。自己資金が少なすぎても多すぎても、成功するアパート経営はできません。また、修繕費を用意できない事態にもなるため、事前に修繕計画を含めた資金計画を立てるようにしましょう。その他、管理を任せる管理会社によって入居率は異なります。入居率を高く維持するためには、集客力のある管理会社を選ぶことが重要です。

家

マンション管理を委託する

不動産投資はリスクが小さいので初めてでも行えますが、大変なのは建物管理と入居者確保などです。それらの業務を不動産会社に委託する賃貸管理という方法を取り入れると便利です。煩わしい管理業務をしないで済むからです。契約する時は具体的にどこまでの管理を委託するのか明確にする必要があります。

More Detail